1回目の1級挑戦は1点に泣く

スキー2回目で3級合格、2級も翌年に合格、とんとん拍子に1級までいったが
ココからがバッジテストの試練がつづくとは、予想もしてないことでした。

ilm03_ad06017-s.jpg今から考えてもよく頑張ったな~と言うのが感想です。なんでもトントン拍子には行かないということを肌で感じた体験です。

1回目の1級挑戦は、信州の戸狩スキー場です。友人3人で行きました。僕だけが、わずか1点足らずに不合格でした。

友人の一人は、トップでした。もう一人の友人はかつかつですが、合格。なんと惨めな思いをしました。二人ともひとつ先輩ですけど、本当に悔しかったこと覚えています。

不合格の内容は、今の言い方ではパラレルターン小回りのです。(ウエデルン)
パラレルターン大回りは得意でした。どうしても得意なターンばかりで滑るので苦手の小回りを克服できませんでした。

ここから、克服するまで4年の歳月がかかるとは、この時は夢にも思っていませんでした。

2回目1級挑戦は木島平スキー場

この年のシーズン半ばに2回目の挑戦の機会が回ってきました。技術的には余り進歩は
ありませんでしたが、わずか1点不足の不合格なんで、このスキー場では、レベルが少し
低いのでいけると思っていました。

ilm03_ad06009-s.jpgスキー検定の前日の夜から大雪で当日は、深雪でした。スキー検定の前に受験者全員で雪面を固める作業です。

すごく綺麗な深雪です。技術があればすごく滑りやすい雪だったと、今では思います。

その頃の僕のスキー技術は、少しの深雪でもアイスバーンでも滑るこなすことが出来ませんでした。こけないように無難な滑りで、当然不合格でした。

この時に、一からやり直しが必要だと思いました。スキースクールで「もう1回やり直そう」と決意した事を思い出します。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑